カードローンの使い道

カードローンの使い道は殆ど自由となっています。
そして審査も簡単なものもあり、気楽に利用できると言われています。
そのため自分にとって便利な使い方ができるのでとてもお得です。
しかしその自由で便利なカードローンだからこそ、良くも悪くも使う側の問題が問われることにもなることも忘れないようにしましょう。

カードローンの使い道の多いものには、まず生活費の足しにすると場合があります。
冠婚葬祭の御祝金やお香典が重なったり、子どもの入学、卒業などのイベントに急にお金が必要になったりとそれぞれです。
確かにあれば便利なカードローンですが、毎日の生活費が足りずに自転車操業のようになっている場合は、根本的に生活費を減らすか、収入を増やすことを考えなければ大きな失敗をしてしまうことにも。

また交際費にカードローンを使うという人も結構多いようです。
急のデートのときには確かにカードローンが使えれば助かります。
急の飲み会など予定外のときにも、とにかく助かるのがカードローンです。
しかし返せる当てがあるのか、そのときだけの単発なのかということが重要になります。
いつもカードローンを利用し、返せるかどうかもギリギリという状態なら、まず交際費自体を減らすことを考えるべきではないでしょうか。

またプチ贅沢のために使う人もいます。
これは自分へのご褒美だったり、ちょっとした贅沢をするために利用するものです。
もちろんこのような心のゆとりがあってもいいはずです。
ただし、ついつい贅沢がプチでなくなってしまうこともあります。
高価なものをたくさん購入するようになってしまっては大変なことになります。
収入に見合ったプチ贅沢をして上手に利用しましょう。